リーダーの仕事術「振り返り5分間の夕礼で"できた""できていない"を明確に」

こんにちは。
人材育成コンサルタントの冨山です。

前回のブログでは、

「朝礼」に関するお話をしました。

 

「朝礼は3分間」

「コミュニケーションの回数を増やすため、毎日」

「重要なのはTO DOの確認」

ということをお伝えしました。

こうした朝礼を行うのであれば、

必ず組み合わせてやっていただきたいことがあります。

 

それは「振り返り」です。

 

ビジネスの現場でいえば、

「終業時の夕礼」がそれに当たりますね。

 

この夕礼の時間は、5分間がおすすめです。

まずは個人でTO DOの確認をしてもらい、
できたことには○をつけ、できなかったことには×をつけます。

それをリーダー、マネジャーに報告し、リーダー、マネジャーはそれを確認をします。

 

自分の行動を「記録」し、できたかできなかったかを「明確化」「見える化」する。

チームのメンバーに対応してもらうことで、リーダー、マネジャーはメンバーの行動を把握することができ、フィードバックを与えることができるわけです。

 

この「振り返り」、

実は多くの現場であまりできていないのが現実です。

メンバーも忙しい……。

マネジャーも忙しい……。

残業はできないから、明日に繰り越し。そのまま振り返りを忘れたまま時間だけ過ぎることも。

 

いろんな事情で、TO DOの確認と振り返りができない場があります。

 

当たり前のことかもしれませんが、TO DOの確認とは、

「(これから)やることの確認」だけではありません。

今日「やれたこと」「やれなかったこと」を明確にする。

そうすることで、自分にどんな行動が必要か見えて、
あるいはリーダー、マネジャーは、メンバーがどこでつまずいているか分かり、明確な指示が出せるようになります。

 

「効率化」を目指そうとすると、

どうしても業務ばかりに集中してしまいがちです。

こうした「振り返り」の習慣を持った現場のほうが、

実は無駄のない毎日を送ることができます。

ぜひ、皆さんの職場でも実践してみてくださいね。

 

行動習慣コンサルタント®
行動定着コーチ®     冨山真由

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP