「15分シエスタ」で効率アップ!

こんにちは。冨山真由です。

仕事に家事にプライベートのお付き合い……。

いくら暑い日が続いても、

やらなくちゃいけないことはいっぱいありますよね。

 

そんなとき、がんばりすぎてしまうのは、

実は決していいことではありません。

 

「体が疲れているな……」

 

そう感じたならば、きちんと体を休めなければダメ。

無理してかんばって動いて、

それでますます体調が悪くなるなんてことじゃ、

身もふたもありませんからね。

 

仕事においても、

「休憩」は効率化を図るうえでとても大切なことです。

人の集中力は、ずっと続くものではありません。

これは人間のカラダのつくりの問題であって、

精神力だとか性格だとかとは関係ないこと。

だから、カラダのつくりに逆らわずに、

上手に休憩を取ることができる人が、

仕事のできる人だとも言えますね。

 

私がおすすめする職場での上手な休憩方法は、

「お昼寝(シエスタ)」です。

 

「会社でそんなことできるわけない!」

 

……そう思うかもしれませんが、

実はこの「お昼寝休憩」、

案外多くのビジネスパーソンが実践していることなんです。

実際に私の知る人たちも、

この「お昼寝」効果で効率的に仕事をこなしている人が

大勢います。

 

もちろん、職場でゴロリと横になって眠る……

なんてことは難しいでしょう。

でも、そこまでする必要はありません。

お昼休み、ランチが済んだら15分間、

デスクで目を閉じてリラックスすればいいのです。

できればその間は

スマホの電源も切っておいたほうがいいでしょう。

 

この「15分間シエスタ」、

やってみると効果がわかるはずです。

お昼休み後の14時くらいにはいつも眠くなるという人が、

終業まで元気に、集中して仕事ができるようになるんです。

 

お昼休みという

せっかく与えられた休憩時間を

できるだけ有効活用したいですよね。

 

15分シエスタ」、

ぜひ新しい「仕事の習慣」として取り入れてみてください。

 

行動習慣コンサルタント®
行動定着コーチ®     冨山真由

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP