新刊が出ました!

こんにちは。冨山です。

 

このたび、ナツメ社さんより
私が監修を務めさせていただいた書籍
『定時で帰る女性の仕事ルールと時間術』
が発売されました。

 

「働き方改革」
「仕事の効率化」
……今さかんにいわれていることですが、
実際のビジネスの現場では、
これまでと比べて〝仕事の量〟が減るなんてことは
あまりありませんよね。

 

むしろ人手不足によって、
1人で抱え込む仕事は増えているかも。
ましてや「リーダー」「マネジャー」といった
人の面倒も見なければならないポジションの人は、
もう大変です。

 

でも、会社側からは
「残業はダメ」といわれてしまう。
その結果、仕事を家に持ち帰って……。

 

そう、〝バタバタ〟と仕事をするというのは、
相変わらずなんです。

 

仕事を家に持ち帰ることなく、
限られた時間のなかで効率的に動き、
しっかり定時で帰る……。

 

そんな働き方のコツを
この本で紹介しています。

 

特に注目していただきたいのは、
「定時で帰る」を実現させている人の実践例を
「先輩インタビュー」というかたちで
掲載していること。
部下・後輩の指導法やモチベーションアップのコツ、
そしてプライベートで工夫している点など、
さまざまなアイデア、取り組みを語っていただきました。

 

ビジネスの現場を見て私が強く感じるのは、
多くの人が、いろんな「思い込み」「古い常識」に
とらわれすぎているということ。

 

「上司より先に帰るのはいけない」
「後輩とは仲良くならなければいけない」
「家事は完璧にこなさなければいけない」
などなど……。

 

でも、そんな思い込みを一度手放してみると、
より充実したビジネスライフが待っているものです。

 

時間も気持ちも、もっとラクになる!
この本がそのためのお手伝いになれば幸いです。
ぜひご一読ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP