テレワーク時代にこそ「TODOリスト」でメリハリを!

こんにちは、冨山です。

 

リモートワーク、テレワークが定着化するなか、
「どうも生活にメリハリがつかないな」
と感じる人もいるでしょうね。
 
定時に出勤して、
定められた就業時間があり、
時間が来たら終了……。
 
働き方改革の推進によって、
今年の4月からは中小企業においても
残業の規制が厳しくなっています。
 
ところが……。
 
この新型コロナウイルス騒動!
 
多くのビジネスパーソンが
在宅での勤務を余儀なくされました。
 
「遅くまで会社に残って仕事」
そうした〝わかりやすい〟残業の姿は
見られなくなりました。
 
そのかわりに、自宅での仕事は、
いってみれば「キリがない」!
言い方を換えれば「メリハリがつけづらい」!
〝退社時間〟という概念がないので、
自分のペースで業務をこなす……。
これは自由といえば自由な働き方ですが、
セルフマネジメントができていなければ、
いつまでもダラダラ、ズルズルという
仕事のスタイルになってしまいます。
 
じゃあ、どうすればいい?
 
そこで活用すべきなのが、
「TODOリスト」です。
 
「いまさら?」と思うかもしれませんね。
でも、
「1人で仕事をする」ときにこそ役立つのが、
TODOリストなんです。
 
「夜、がんばればいいや」
「明日、集中してやろう」
 
誰も見ていない、1人での仕事では、
どうしても仕事のペースが狂いがち。
だから、先に「やること」をピックアップして、
従来の業務時間内に終わるようにスケジューリングします。
 
このとき大切なのは?
 
そう、「頑張りすぎない」こと。
 
TODOリストの項目は、
3個から5個に絞ります。
「それじゃ少なすぎる」
と思う人もいるかもしれませんね。
でも、必ずその日のうちに終わらせるべき仕事は、
そうそう多くはないはずです。
そのかわり、TODOリストに挙げた項目は
必ず定時に終わらせる!
そう決めることで、
メリハリのある日常が過ごせるでしょう。
 
ぜひ試してみてください!
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP