SNSで応援する! 応援される!

こんにちは、冨山です。
 
「応援してくれるサポーターの力を借りて
 行動を後押しする」
 
というお話をしましたが、
そのために有効なのが、各種の「SNS」ですね。
 
今はオンラインで簡単に人とつながれる時代。
周りに〝直接〟応援の声をかけてくれる人がいなくても、
SNS上で自分の目標を発表(宣言)すれば、
フォロワーが自然に応援してくれるようになります。
 
応援のコメントをくれる人もいれば、
「いいね」などで意思表示してくれる人も。
 
何かとネガティブなイメージがあるSNSも、
仲の良いグループでのやりとりであれば、
習慣づくりに一役買うものになりますね。
 
これは日々の仕事においても使えます。
LINEやFacebookで仕事のグループを作り、
それぞれが毎日の行動予定を書き込みます。
これが日々の「目標」の宣言になるわけですね。
 
そしてその宣言を読んだメンバーは、
相手に対しての応援メッセージを送ります。
 
「(目標達成まで)もう少しだね」
「もうひとふんばり!」
「いつもの調子で!」
などなど……。
 
リーダーやマネジャーの立場の人には、
最近のリモートワークの普及に際して、
オンラインを
単なる「管理」のツールと捉えている人が
多いようです。
 
しかし、それだけではもったいない!
コミュニケーションツールとしてのSNSを
もう少し活用すべきだと思うのです。
 
仕事のメンバーをはじめ、
なかなか「人」と会えない時代になってしまったからこそ、
人を応援するための「やり方」、
人に応援してもらうための「やり方」を工夫してみましょう。
 
前回もお伝えしましたが、
「応援」は、科学的なマネジメントの手法なんですから!
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP