「新しいやり方」を学ぶときがきた!

こんにちは、冨山です。

 

新型コロナ禍での自粛生活が続きました。
このブログでも、
そのガラッと変わった日常について、
プライベートを中心にお話ししてきましたが、
あなたの「お仕事」についてはどうでしょう?
 
「出社・在宅勤務」という分け方だけではなく、
さまざまな変化があったのではないでしょうか?
 
そしてその変化は、
まさに「ビジネスのスタイル」の変化。
大げさに聞こえるかもしれませんが、
私たちは今、新しい時代のスタートラインに
立っているようなものです。
 
ということは……。
 
これも大げさに聞こえるかもしれませんが、
ビジネスでの「これまでの成功パターン」が
もう通用しなくなる、ということです。
 
たとえば営業職……。
お客様と直接お会いして、お話しをする。
その場の雰囲気や相手の気分を察して、
臨機応変な対応をとる。
服装や話し方にも最大限に気を配り、
相手に好印象を与える……。
 
そんな望ましい行動、
自らの経験から積み上げてきた
「成功パターン」のようなものが、
もう使えない時代になるのです。
 
いえ、もちろん一概には言えませんが、
世の中の多くの営業が
「非対面営業」へと移行しているからですね。
 
「場の空気」や「雰囲気」を
察するのが得意だった人も、
PCのモニター越しの営業となれば、
それよりも共有する資料のわかりやすさのほうが
相手からずっと重視される、ということも
普通にあるでしょう。
 
ということは、これからは
「わかりやすい資料とはなに?」を考え、
その作り方のスキルを
伸ばしていかなければならない、ということです。
 
「せっかくいままで築き上げてきたものがあるのに、
 やり直し?」
 
そう嘆く人もいるでしょう。
 
でも、これは現実の話。
 
この大きな変化を、
新たなチャレンジと捉えて、
「新しいやり方」を学んでいく、
そしてそれを楽しんでいく!
 
行動科学のノウハウが
あなたのその学びの役に立ちますように。
これからもさまざまな情報を
お届けしていきますね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP